宣伝文(非表示)

診断FLASH



あなたに合った審美歯科クリニックを診断!

ホワイトニング

ここ数年、広く普及してきた“ホワイトニング”。

歯の汚れは、タバコやコーヒーの黄ばみ、年齢を重ねていくと起こる色素沈着、また薬害の影響などの原因もあり、さまざまです。

ここでは笑顔をいっそう引き立たせてくれる白い歯を手に入れる方法をレポートしてみました。輝く白い歯の美しさ、ぜひ手に入れてくださいね!

黄ばみの原因

ステイン
ステイン歯の黄ばみはコーヒーやお茶、ワインやタバコにも含まれる着質物質により起こる黄ばみ、ステイン。カレーなど食べ物からも起こるんです。
ステインとは歯の表面についた汚れのことをさします。
ステインの汚れは例えば、コーヒーの染みが付いたハンカチの汚れが水洗いだけで落ちにくいのと同様に、きれいな白い歯を蘇らせるにはホワイトクリーニングが効果的です。
加齢
加齢歯は表面がエナメル質で囲まれ、その中にさらに象牙質という組織があります。
この象牙質が肌の老化と同じように、新陳代謝により年を重ねると淡いクリーム色が濃くなってきます。
一方で、表面のエナメル質は歯磨きや食事などで薄くなってきて、さらに象牙質のクリーム色が濃く強く見えてきます。
加齢で歯が黄色く黄ばんで見えてくる原因になっています。
小児期の薬
小児期の薬昭和40年代に一般の病院でよく処方されていたテトラサイクリンという抗生物質など、薬害も歯の黄ばみの原因のひとつにあげられます。
母親が妊娠後期中に服用また、永久歯の象牙質ができる乳児から7歳ぐらいの間に薬を長期間服用することで象牙質に色素が付き、小学生のころに黄色い変色が現れます。これは薬が大量に処方されていたこの時期に胎児や子供だった年代の人に起こっています。

ページの先頭へ

最近のホワイトニング事情

ホワイトニング人口の増加

男女問わず口元への意識が高まり、歯を白くしたいという人が最近、急激に増えています。
今までご紹介した症状に応じた治療法で本来の美しい白い歯を取り戻すことができるんです。

口元に対する美意識の高いアメリカでは、歯並びを治す矯正治療はもちろん、ホワイトニングもすごくポピュラーなもの。

歯や口元のコンプレックスを解消して、明るく清潔なイメージはぐっと好印象に!

結婚式前に行うホワイトニング「ブライダルプラン」が流行っている

今、増えているのが結婚式を控えた方のホワイトニング。

式当日に着るウェディングドレスや白無垢が、純白のため、笑うと、歯の黄色が目立ってしまうからだそう。特に和装の場合は、オシロイを塗ると歯が黄色く浮いて見えてしまいます。

一生に一度の皆が注目する晴れの日に、ブライダルエステの感覚で歯のホワイトニングも忘れずに取り入れておきたいものです。

男性がやるホワイトニング 「メンズホワイトニング」

男性にも関心が高いメンズホワイトニング。

白い歯には清潔感、知性的、健康的とその人の魅力を最大限にアップしてくれる効果が。

面接やお見合いなどの初対面での第一印象が影響する場面は元より、大切なビジネスシーンでも男性の場合、大きく影響してきます。

白い歯は細かいところまでケアできるという信頼性にも実は繋がっているんですね。

ページの先頭へ