宣伝文(非表示)

診断FLASH



あなたに合った審美歯科クリニックを診断!

歯並び

白い歯と同様に大切なのが歯並び。遺伝や後天的な物まで原因はさまざまですが綺麗に整った歯並びは口元の審美的な向上はもちろん、歯並びの影響からなることもある虫歯や歯周病の予防など、矯正に対しても効果があるんです。

歯並びの悪さから健康に対する影響も大きいよう。下に続く歯並びの悪いパターンを読んで、自分の歯並びをチェックしてみましょう!

悪い歯並び7パターン

歯並びが悪いと、虫歯になりやすい、歯周病になりやすい、噛み合わせが悪くなる、顎間接に影響が出やすく顎関節症を引き起こす可能性が高くなるなど、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。

ここでは、代表的な悪い歯並びのパターンを7つに分けてご紹介します。

乱杭歯(叢生)

乱杭歯(叢生)
歯と歯が重なり合ったり、歯がねじれた状態になるなど、歯並びがガタガタなことを叢生(そうせい)、または乱杭歯(らんぐいば)とも呼ばれます。
ガタガタの原因は、 顎の大きさと、歯の大きさのズレ。歯が正しく並ぶのに必要なスペースが不足することによって起こります。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)
噛み合わせが悪く、顎に負担がかかる上顎前突(じょうがくぜんとつ)は、上の前歯が、前に出ている噛み合わせのことを指します。
“出っ歯”という言い方が一般的です。これは遺伝もありますが、成長期に口呼吸を長く続けていたためなることや小児期などからの癖の指しゃぶりや食べ物を舌を突き出して飲み込むなど日ごろの癖からも原因になると考えられています。

受け口(反対咬合)

受け口(反対咬合)
肩こりや虫歯の原因にもなりやすい受け口(うけぐち)。反対咬合(はんたいこうごう)とも言います。これは前歯は、普通は上が外側、下が内側になって噛み合わせるようになっている のが反対になっている状態です。
下顎の過度な成長や上顎の成長不十分によるものと、上の歯が後ろに傾斜したり下の前歯が前に出ている歯性ものなど症例はさまざまです。

すきっ歯(空隙歯列/正中離開)

すきっ歯(空隙歯列)(正中離開)
歯と歯の間に隙間が開いている状態をすきっ歯(すきっぱ)または空隙歯列(くうげきしれつ)、前歯の隙間の正中離開(せいちゅうりかい)といいます。
前歯に隙間があると、食べ物のカスが挟まりやすく歯垢がつきやすくなったり、歯と歯の間が広く開いていると話をしていても息が常に抜けるような状態で聞きとりにくい発音になりがちです。

開咬

開咬
奥歯は噛んでいても、前歯が噛み合わず常に開いている状態を開咬(かいこう)といいます。
幼少期、指しゃぶりの癖や、舌を出す癖などの癖または遺伝的な顎の形が原因のようです。
開咬は、前歯で食べ物を上手に咬むことができないまた、話す時に息が漏れて抜けるような発音になるなど歯の病気だけでなく不自由な面もあります。

過蓋咬合

過蓋咬合
上の歯と下の歯の噛み合わせが顕著に悪く、下の歯が隠れるような状態を過蓋咬合(かがい咬合)といいます。
通常の噛み合わせは、上の前歯が下の前歯の3分の1から4分の1を覆っています。過蓋咬合は、深く覆い、時には下の歯が見えない場合も。
前歯で食べ物を噛み切れない、声が通りにくくしゃべりにくいなどの障害がおこることがあります。

交叉咬合

交叉咬合
通常は交わらない、上の歯と下の歯。これが上下に交わって、上の歯が下の歯に食い込む状態を交叉咬合(こうさこうごう)といいます。
原因は幼少期、上顎を強く押し付ける姿勢で圧力から上顎を圧迫し、顎の成長を偏らせた、また呼吸や舌を動かす癖からも顎の変形が生じる場合も。虫歯や歯周病や胃腸の障害や肩こりなど噛み合わせから全身への影響も出やすくなります。

ページの先頭へ

悪い歯並びの原因

歯とあごの大きさの差

悪い歯並びとは、あごの大きさと歯の大きさの成長バランスが悪いため、歯の生える場所が足りなくなり生じます。

歯が無理やり生えてこようとして、噛み合わせが深くなったり受け口だったり、上下の歯がかみ合わななるなどいろんな症例が発生します。

上下のあごの成長差

噛み合わせによる肩こり、消化器系への負担は上下の顎の成長の差の場合にも見受けられます。歯の寿命にとっても重要なことです。

上に記した受け口や歯の噛み合わせが悪いのはもちろん、上の歯や顎が前に出てしゃくれている状態も上下のあご成長に差があり、歯並びが悪くなる原因になります。

歯の数の異常等

本来歯の数は生まれながらにして決まっています。歯を作るもとの歯胚(しはい)の数が多いと歯が多い過剰歯(かじょうし)に、逆に少ないと欠如歯(けつじょし)が生じます。

幼少期の過剰歯や欠如歯により、歯に関するさまざまな障害が起こりうる可能性が高くなります。

悪習癖(指しゃぶり等)

歯並びが悪くなる原因には後天的、環境うや習慣が原因でなる場合も多くあります。

生まれた後、乳児、幼少期の口や顎の使い方の生活習慣で身に付いたものです。

後天的(環境的)原因には悪習癖-指しゃぶり、舌癖、頬杖、エンピツやシーツを噛むなどの多くの癖があります。幼少期からの生活習慣も後々の歯並びに響いてくるので気をつけたいところです。

口呼吸

呼吸と歯並びと一見、相互性が無いように思われるものにも歯並びが悪くなる原因が潜んでいます。不正咬合-噛み合わせの不一致の原因の一つに口呼吸があります。

口呼吸によりいつも口が開いていることで上下の歯の間に舌が入り込み前歯が咬み合わなくなります。また、口呼吸が習慣化すると体の細菌への抵抗力が弱くなる症状も見受けられます。

歯の欠損等

後天的な原因による悪い歯並びは歯の欠損(外傷、乳歯の虫歯)なども挙げられます。

特に、幼少期の7歳から10歳頃に治療を何もせずに永久歯に生え変わるのを待っていると、顎のズレや歯並びの問題が悪化し 成人期に悪い歯並びの長期放置により、むし歯、歯周病等の問題を抱え、欠損歯や修復物が増えることになります。

ページの先頭へ